国産の無垢の木の家、意外と高くない!・・・木の家だいすきの会 のセミナー

最初はログハウスなどにも興味があり、実際見学しましたが、「都内の狭い敷地に建てると思ったより狭くなりそう・・・。」「お手入れもなんだか大変そう?」と感じ断念。
Sハウスも見ました。気密性がいいとのことでしたが、「高い!とても手が出せそうにない」
そんな時、新聞で新宿のセミナー開催の記事を見て、NPO木の家だいすきの会を知りました。

木のぬくもりのある感じが好きなので関心がありましたが、国産の無垢材は高いのでは?と思いながら、セミナーに参加してみると「意外と高くない!!」ことがわかり、「うちでも建てられるかも!」と。
そして、セミナーで同席していた木の家だいすきの会の職人さんや設計者さん、みなさんがとにかく正直そうでというのが第一印象でした。

家づくりを検討していて建売情報を見ていると、500万円、1000万円は値下がりする物件があって、これってどういうことなのだろう?疑問を感じていました。
大手の会社だと、「会社の有利なようにされてしまうかも?」「担当者さんも急に転勤することもあるのでは?」などとも思い、大きな会社組織だからいいという訳ではないと考えました。
木の家だいすきの会は、自分たちが描いていた木の家だけを扱っていて提案してくれたことも、信用できると感じました。

土地探しへの助言からスタートした、木の家だいすきの会の設計者が関わる家づくり

土地を購入する際、まだ設計者を決めていませんでしたが、設計者に土地を見てもらえたことはすごく助かりました。
やはり設計者さんの気づくポイントは違うのですね。
「隣がくっつきあうような敷地でも、日当たりよく建てられるかどうか」など、素人ではわからない土地選びを木の家だいすきの木でサポートしてもらえて、家づくりのいいスタートをきれました。

お金の使い道が明快!納得できる!家づくり

例えば、2000万円で家を建てた場合、実際にどこにいくらそのお金が使われているのか、よくわからないのが一般的。
でも、木の家だいすきの会はそれがはっきりわかるシステムになっています。「納得して資金を出せる。」それがいいと思いました。

夏も冬も快適!経済的!・・・夏はサラサラ、冬はふんわり暖かい

以前の住まいは梅雨になるとジメジメ・・・。
それが、この家に暮らすようになって、ジメジメからさっぱり解放されました!

夏の本当に暑い時はロフトには眠れませんが、2階はそこまで暑くなりません。屋根が2重屋根になっているからだとのこと。
冬もずっとマンション暮らしだったので、一戸建ては寒いイメージがありましたがそんなことはなく、予算調整で最後にシングルガラスに変えた1か所の窓以外は結露もなく快適です。
無垢の杉の床板は、夏はサラサラ、冬はふんわり暖かく気持ちよいです。

それに、「木と木っぽいものは違う」ことが、暮らしてみてよくわかりました。

最大限に、多目的にみんなが使う、大好きなリビング・・・リビングから月も見えちゃうんです

吹き抜けの解放感のある、光あふれる明るいリビングが本当に気持ち良くて、気に入っています。
高校生の娘も、小学生の息子もみんな一緒にリビングで勉強したりして、家族の一体感を感じています。
天井が高いのでボールを投げたり、バトミントンの素振りをしたりすることも。木の家はピアノの音響もいいみたいです。

そんな空間をお友達も気に入ってくれるのか?大人も子供もお友達がよく来て、楽しい時間を過ごしています。お友達からは、3年経っても「木の香りがする!」と言われます。

それから、リビングの高窓からは月も見えて、初めて気づいた時はびっくりしました。リビングからつきが見えるなんて、贅沢ですよね。

愛着を持って暮らせる家。歴史を感じながら暮らす家

20年、30年後、建て替えないといけなくなってしまう家より、大切に手入れをしながら暮らせば50年、100年暮らせる木の家を建てて、良かったと感じています。

床板や梁などの色がだんだん変わってきて味わいが出てきました。
小学生の息子がいるので床にはヘッドスライディングなどをしたキズなどがあちこちついています。でも、それがかえって歴史が感じられる家になっていくような気がして、愛着を持って暮らしています。