コウ設計工房 大沢宏

「家相、風水、気になりますか?・・・」
 
設計に入る前に、必ず建て主さんに問いかけます。
本人が気にならないと回答されても、「ご両親とかはいかがです?・・」と確認します。(同居に限らず)
 
●お施主さんもそのご両親も、全く気にしない・・・場合は、私も気にしません。
●家相はよく解らないけど、悪くないような間取りがいい・・・という場合は、最低限の気遣いをして間取りを考えます。
●風水が少し気になる・・・その程度なら、風水は気にしないように仕向けます。(後に説明します)
●家相や風水にこだわる・・・こういう方の場合、その参考図書などを貸してもらいます。
 
もう20年も前ですが、かなり時間を掛けて基本設計が詰まってきたころ、家相が気になり始めた・・ということで、最初に戻ってやり直したことがありました。設計の相談から完成まで、結局3年掛かりました。
その時に、家相についていろいろと勉強してみましたが、どうも施主とかみ合いませんでした。
その原因は、参考にしている本、資料が違っているので、たとえばトイレの位置について、「悪い」「悪くない」「見方を代えれば問題なし」とか、著者などに寄って様々な回答があることが解り、お施主さんの購入された本を借りることにしました。
こんなことがあってから、必ず問いかけることにしましたが、お施主さんは気にしなくても、気にする親がいたら・・最低限の「やってはいけないこと」は避けたほうが、不幸を生む可能性(心理的に)が減ります。
 
風水は、中国から渡ったというのはご存知だと思いますが、風水地理学が基本で「場所の気や住む場所の良し悪し」などを判断する為のものなのです。
日本では、「Dr何とか」という人が、30年ほど前に日本風にアレンジして広めたのが、日本の風水だと思います。
その書籍発売記念講演を聴きに行ったことがあるので、確かだと思います。
今ではその娘が後を継いでいます。私は全く信じません。
 
家相も中国から渡ったもので、やはり日本の気候風土に合わせてアレンジされているようですが、迷信や根拠不明の説があったり、書籍もたくさんあり、どれを選んだらいいのか、迷うところだと思います。
 
生活様式や考え方など、現代とは少し合わないところもあるので、やはり自分で判断するのが一番いいと思います。