(株)トトモニ代表 高木信行

トトモニは設計者と現場監督ではじめた家づくりの会社です。
7人のメンバーで侃々諤々やりながら今年で9年経ちました。
 
ちょっと変わった社名 トトモニ は 「と、ともに」から
自然とともに 家族とともに つくり手とともに という枕がついています。

自然とともに

自然とともに と言われると 環境の事も考えてつくろうとか 木材について調べてみようかなとか 野鳥が休めるバードバスでも造ろうかなとか
人の都合だけを優先させないで 自然とうまく付き合っていこうという意識が生じます。

素材も昔からある漆喰や木といった自然素材を使って現代にあう家を造ることを目指しています。

家族とともに

家族とともに と言われると 住まい手の生活や成長に想いを馳せるようになります。

間取りも色々検討しますが それと合わせて耐久性や耐震性や断熱性や健康 予算配分も考えます。

住まい手とともにいろいろ検討を重ねた家は、いつしか住まい手に似てくるようです。
そうしていつまでも大切にされる家が出来ればいいなと願っています。

作り手とともに

つくり手とともに と言われると 技術、経験をもつ設計者や職人や作家の声を聞きながら造っていこうとなります。

専門家集団がそれぞれの立場で話すことで色々な提案が出てきますし つくり手の思いや技に感嘆させられたりします。

簡単に物が手に入る世の中で家もまた商品として売買されていますし 私達も便利な物や簡単に手に入る物をよく利用します。

しかし 自分達が住みたい家を考えた時に 物を買う 売るという感覚ではなくて 「ともにつくる」という関係と意識をもって生み出された家に住みたいと考えました。

そうしてつくられた家は人を幸せにする力が宿るのではないかと。なによりそうした家づくりが面白い。

手間がかかりますし苦労や面倒もたっぷりですがそれも含めてやりがいです。

そんな気持ちで家づくりに邁進しております。