Den設計室   新田 浩司

窓については、断熱・気密・複層・Low-Eといった各種性能、この数年の間でとても高い関心のある要素であると感じております。
すべてを取り上げることは難しいため、窓をどのように計画上プランニングしているのか?についてご紹介できればと思います。
 
土地の個性、住宅密集度にもよりますが、採光を十分期待したい窓とそれが難しい窓、多くの計画地で共通するものだと思います。
その条件の中で、採光を期待できる場所の窓、勝手口やウッドデッキに出入りできる窓(ドア)、通風を期待するための窓、そこに防犯性を高めるためにガラスの種類や付け格子によって配慮する方法、開け方・開き方、形状(四角・縦長・横長等)、網戸・雨戸・シャッター・軒庇の有無、防火性など、複数の選択肢を想像しながら間取りを見つめる時間はとても重要な設計のひとつです。
 
そこで今回は、地窓について取り上げたいと思います。
慣例的には北側和室の床に接する涼風を期待した窓を地窓と呼びますが、北側でなくてもご提案することがございます。

大きな地窓

南西角の前面道路に面した地窓。
外部の視線に注意がいるケース。
外を歩く人の目線は気になるものです。そうだからといって窓はほしい。
目線を遮りつつ、採光と通風の期待ができ、かつ、植栽も楽しめる地窓。

ストーリーのある地窓

階段下を利用した通風を期待した窓。地面と高さがある窓のため、転落防止に桟を付けました。

お父さんの帰りを待つ子供たち。窓の向こうは駐車スペースのため、テールランプの灯りがその帰宅を知らせてくれる。窓を開け、子供たちからのお帰りの声。泣けます(笑)。
リアルな決定的瞬間の写真はないのですが、そんなストーリーを少し想像できると、窓の持つ意味もさらに増えますね。