木の家だいすきの会
理事  山本 幸恵

家づくり(リフォームも含め)を検討されている方に、ぜひともおススメしたいのが、構造見学会、
完成見学会、入居後の見学会へのご参加です。

1. 建築士の考え方、大切にしていることを見る

建て主さんの意向を、設計者はどのように家づくり反映させたかなど、考え方が見えてきます。
また、同じ設計者の見学会に数回参加すると、特に大切にしているポイントや、デザインの流儀なども見えてきます。
構造見学会などは、見えなくなってしまう大切な部分を見ながら、説明が伺える貴重な機会です。

2. 住まい手の想いがどのような空間になったかを見る

木の家だいすきの会の見学会は、住まい手さんが参加されることが多いです。
住まい手のこだわりや、家づくりのプロセスなども伺うことも。。。
入居後の見学会では、実際暮らしてみての率直な感想もうかがえます。

 

3. 施工者の想いを感じる

見学会には、施工した大工さんや工務店の現場監督も参加しています。
設計者とはまた異なる、つくり手ならではの熱い想いも感じとれます。

4. 他の見学会参加者の視点が参考になることも

自分以外の参加者の質問しているポイントを一緒に聞いたり、話したりすることで、自分にはない視点を得ることも。
そして、他の方の話を聞いている中で、自分が大切にしていることがはっきり見えてきたりもします。

見学会は、パンフレットやホームページでは得られない情報や体験があります。
家づくりをスタートする際には、ぜひ見学会を活用してくださいね。