アーキネットデザインLCC
市川 均

アーキネットデザインが2009年に木材屋さんと共同で企画提案した『1.5階建て住宅』。最初の企画から10年が過ぎ、現在20棟目を設計しています。そこで、改めてご紹介します。

1.5階建て住宅とは?

その①:平面の形が矩形でシンプル

凹凸がある複雑な形状の家は壁の面積が増えコストがかかります。矩形にすることで、それらを最小限に抑えます。

 

その②:屋根形状を工夫した空間の有効活用

屋根の形状を工夫し、屋根の高い部分は2層分を 有効利用します。平屋と2階建てを組み合わせて少ない空間を最大限活用した1.5階建てのボリュームを実現します。

 

その③:間仕切壁をなくしたフレキシブルな空間

1階と2階を一体的につなげて間仕切り(インフィル)を設置します。間仕切りは住み手の変化に合わせて撤去・設置することが可能です。

 

その④:構造木材は経済的につかう

一般的に流通している構造木材(3m、4mの規格寸法)を多用した工法により、経済的な構造設計を実現します。

こんな方々におすすめです

○子育て初期までの若年層
お子様が小さい時期は、子ども部屋が細かく仕切る必要はありません。必要な部分のみお金をかけて、あとはお子様の成長と共に変更していく事が可能です。

○単身や夫婦だけの世帯(子育て後の第2の人生に)
普段は1階部分のみで楽に生活でき、2階を趣味を楽しむ場所やお子様の帰省の際の宿泊スペースとして2階を使う、平屋+αの住まいです。

○別荘

簡単に言うと企画型住宅って?

建物は矩形(長方形)の形です。

その理由は…シンプルな形状のため、一番経済的な形だから。

 

でも、四角の建物なんてつまらない?

いいえ、間取りは自由に住み手の要望に合わせられます。

 

材料は国産木材を、信頼関係を築いてきた製材所から取り寄せます。

 

使用する素材が少ないので、職種も少なく大工さんと左官屋さんがメイン。

無駄な人件費がかかりません。

 

小さな四角い箱に夢が詰まった家

それがアーキネットデザインLLC  の企画型住宅1.5階建て住宅です。

より関心のある方は以下のHPをご覧下さい。順次内容は充実させて行く予定です。
https://www.archi-netdesign-llc-kikaku.com/