NPO木の家だいすきの会
コーディネーター 山本 幸恵

デッキをDIYで拡げました

1階の洗濯物干しスペースとしてだけの利用だった中庭の濡れ縁を、6畳くらいのデッキに拡げました。

大工さんに事前に道具をお借りして、やり方のアドバイスいただき事前勉強しておいて、土曜日の朝からスタート。
夫婦2人で丸2日かかりました。

元の大引きを欠いて、延長させる大引きとつなげました。
木材はイペという防腐、防虫効果が高い輸入材を使っています。
非常に重くて、硬くて加工しにくいのが難点です。

たくさんの道具は、大工さんからお借りした。
この道具と、どう作ったらいいかとアドバイスがないと完成できなかった。

ナントカ完成!
色で昔の濡れ縁部分が分かります。

予想以上に気持ちいい! リビングの延長の身近なアウトドア

デッキでティタイム、ビアタイムができたら楽しいかも・・・と軽い考えでデッキを拡げたのですが、思った以上に気持ち良く、暮らしにうるおいを与えてくれるのことがわかりました。

私の場合は、空を見上げながらのコーヒータイム、木洩れ日のもとでの読書など、七輪にちょっと炭を熾してお気軽BBQや燻製づくりなどを楽しんでいます。

近所のおうちのデッキにはハンモックを設置したりして、楽しそうです。

これって、コロナ禍で人気急上昇した「おうちキャンプ」「ベランピング」とも言うようですね。

コロナ後も、私のデッキを使った楽しい時間は続きそうです。

みなさんも、デッキ以外でもちょっと頑張ってDIYなどしてみると、住まいの中に予想以上の楽しみがプラスされるかもしれません。