NPO 木の家だいすきの会は自然素材の扱いに長けた設計者、工務店、大工さんの集まり。コーディネーターが自然素材の健康な家づくり&リフォームをサポートします。「あなただけの家づくり」を実現する専門家をご紹介します。

6つのこだわり

1.木と漆喰、自然素材を使った家づくり

自然素材の心地よさ

木や漆喰などの自然素材は、湿気を吸ったり放出したり呼吸する素材です。その自然素材の吸放湿性を活かした心地よい住まいづくりを大切にします。

木材のコーディネート

無垢の木材の色、香り、吸放湿性などを最大限引き出して使いたいと考えています。
そのために、木材のコーディネートをします。

在来軸組み工法

接着した集成材ではなく、無垢の木材を使用し、どこの大工も使えるオープンで安価な在来軸組工法でつくります。

2.冬の陽だまり、夏の木陰を感じる家

太陽熱をコントロールするパッシブ設計

窓の大きさや位置、適当な庇の長さ、高さを確保することで、夏は陽射しを遮り、冬は部屋の奥まで陽が差し込む家づくりをします。

風通しの良い家

家を建てる場所の風向きを知り、間取りや窓の配置、開け方を工夫して、風通しの良い家づくりを大切にします。

床、壁、天井の表面温度に配慮した家

外気温が同じでも、夏の木陰が気持ちよいのは、土や樹木の表面温度が低いためです。冬の陽だまりも同じ原理です。床、壁、天井の表面温度に配慮した気持ちのよい家づくりを大切にします。

3.健康な家づくり

結露を防ぎ、人も、家も健康に

結露はカビの増殖やダニの発生を促し喘息やアレルギーの原因となります。また、骨組みの木材を腐らせる原因ともなります。結露のない家にするためには、防露設計が大切です。

温度差のないカラダにやさしい住まい

最近、浴室でなくなる方が、交通事故の死亡者数より多いことが話題になっています。急激な温度の変化が脳梗塞や心筋梗塞を誘引するためです。住まいの温熱環境設計をしっかり行い、部屋間の温度差を少なくすることで、こうした健康リスクを減らすことができます。

化学物質(合板の接着剤)を排除も可能

構造用合板は、普通の家づくりにおいて今や不可欠な材料ですが、化学物質(合板の接着剤)を排除したいという希望の方には、構造用合板を使用せずに、地域で安価に入手しやすい木材を使用して、高い耐震強度を出す工法を用意しています。(グリーンエア工法)

4.丈夫で長持ちする家づくり

木組みの技術を基本に、耐震性の高い家

伝統的な継手・仕口(木組み)を基本に、補助的に金物を使う、木造の特徴である粘る架構を大切にしています。
大工の手刻みによる加工、一部機械加工を組み合わせてコストを抑えた加工を選択できます。

「長持ち」は、これからの家づくりのポイント

長持ちする家づくりの大敵は、木材の腐朽やシロアリの食害です。いずれも水が関わっており、防露設計による湿気のコントロールが長持ちする家のポイントです。また、建築後の定期点検や改修の履歴の記録など住宅のメンテナンスをサポートも大切です。

施工の仕方が「丈夫で長持ち」を支える

乾燥が甘いと接合部が収縮して歪んだりゆるみます。木材の乾燥の状態を判断して刻んだり、ボルトの増しじめをするなど、きちんとした施工があって、「丈夫で長持ちする家」は可能になります。

5.顔が見える家づくり

つくり手の顔が見える安心

工務店は、メンバーの設計者やコーディネーターが時間をかけて信頼できる人を探し、登録しています。現場で家づくりに関わる大工、職人などとの交流もあり、つくり手の顔が見え、安心していただけます。

産地が見え、素性が知れた木を使う安心

構造材は、主に埼玉県のときがわ材、西川材、秩父材の奥武蔵の3つの森の木を使います。
どのような環境で育ち、誰の手によって伐採され、どのように製材されたのか、素性が知れた木材が手に入ります。もちろん薬剤処理をしない健康的な木材です。
内装材は、適材適所で全国の優良な産地から直接現場に届きます。

思い出に残る家づくり

自分の家の大黒柱の伐採に立ち会ったり、材木を挽いている製材所に家族みんなで出かけたり…、できるだけご家族が愉しみ、思い出に残る家づくりを目指しています。

6.住宅性能をしっかりと考えた家づくり

性能設計

建て主が大事にしたいと考える住宅性能、例えば、耐震性、温熱環境性、省エネルギー性など、目標と達成度を明確にして設計を進めることを選択できます。

リフォームの改修前後の住宅性能のみえる化

リフォームの際は、リフォーム前に住宅医(*)による既存住宅の状況や性能を適切に把握する住宅調査診断を行い、リフォーム前と後で耐震性、劣化防止、省エネ・温熱環境、バリアフリー、防耐火、維持管理などが、どれだけ改善されるか、あらかじめわかった上でリフォーム工事を行います。

*一般社団法人住宅医協会が住宅医に認定した建築士

PAGETOP