東京・多摩の伐り旬材を柱や梁、床に使った住宅です。
一昨年の秋に伐採し、翌年の春先まで葉枯らし乾燥した杉を中心に、小山利一棟梁の手刻みで加工し堅固に組上げました。
 
建主の希望による濃色の塗装と壁の白いプラスター仕上げが、古民家のような落ち着いた雰囲気の内部空間を生み出しています。
生活の中心となる居間、食堂、台所を2階に置き、小屋組を露わしにした高い天井と、居間からつながる木のバルコニーによって、開放感を感じる住まいになっています。
 
切妻屋根のシンプルな形は、隣接してこれから建つもう1棟の住宅と、対になることを想定しています。外壁は内壁と同じ巧左官工芸・鈴木氏の手により、やや赤みを帯びた色調とコテむらにより、生き生きとした仕上がりになっています。

  • 03_image works 03kodaira1 N2-s

    2階居間・食堂
    小屋裏につながる梯子もインテリアの要素となっています

  • 07_image works 03kodaira1 N9-s

    再利用した雪見障子のある和室

  • 06_image works 03kodaira1 N5 1-s

    ピアノ室

  • 01_image works 03kodaira1 N12-s

    北面外観

  • 02_image works 03kodaira1 N8-s

    丸窓のある玄関
    丸窓がどこか懐かしい雰囲気を醸しだしています

  • 08_image works 03kodaira1 N10-s

    小屋裏の読書コーナー
    小屋組み材と格子の天井が古民家風の味わいを出しています

概要
  • 概  要: 地上2階建て
    敷地面積: 165.3㎡
          (建蔽率60%、容積率200%)
    延床面積: 100㎡(30坪)
    設計期間: 6ヶ月
    工  期: 6ヶ月
    完  成: 2007年
  • 主な仕上げ
      屋根: 瓦葺き
      外壁: 色モルタルコテ仕上げ
      内壁: プラスター薄塗
       床: 杉板(厚30、15)
           
           
この家づくりに関わったメンバー

設計・監理  : 中村展子(アトリエ海)
施  工   : 小山一利(三ケ宮建築)
構 造 材  : 秋川木材協同組合
内 装 材  : -
コーディネート: NPO 木の家だいすきの会

施工プロセス

2005年11月に実施した東京都あきる野市の秋川木材協同組合の森での伐採見学会に、お施主さんも参加して、住宅に使用する木材となる木を伐採し、家づくりがスタートしました。
概ね設計がまとまってきた後は、小山棟梁がつくった1/10の迫力ある構造模型を前に、建て主さんと大工さんと打合せしながらすすめました。

  • 10_image works 03kodaira1 N21_1

    伐り旬(木を伐採する旬の時期)に実施した伐採見学会で、住宅に使用する木材を伐採しました。

  • 11_image works 03kodaira1 N21-s

    伐採後、数ヶ月間枝葉をつけたまま葉枯らし乾燥している様子

  • 12_image works 03kodaira1 N22-s

    葉枯らし後、玉切りして搬出します

  • 14_image works 03kodaira1 N23-s

    小山棟梁がつくった縮尺1/10の構造模型を前に打合せしました。

  • 15_image works 03kodaira1 N24-s

    複雑な形の仕口(構造部材である柱や梁、桁などを接合する箇所)は、全て大工さんの手刻みで行っています。

  • 16_image works 03kodaira1 N25-s

    2006年11月 上棟の様子

  • 17_image works 03kodaira1 N27-s

    貫を通した壁

  • 18_image works 03kodaira1 N26-s

    多摩産の桧の階段

最新情報を受け取る