神田川に近く緑豊かな住宅地に建つこの家は、枝垂桜のある庭の眺めを、居間とキッチンから楽しむことができる。
宮崎の杉を構造材に、岩手の赤松や長野のカラマツを床に使い 無垢の木材の感触を存分に味わうことができる。
木材に加えて、漆喰塗りの壁により、調湿効果のある安定した室内環境を得ることができている。
ゼンマイ仕掛けの燃料補給装置のついたペレットストーブは暖房や調理に活躍し、この家の中心的存在である。

  • 左官コテ仕上げの外壁

  • 和室の杉源平パネル引き戸

  • 緑が増えてきたウッドデッキ廻り

  • ペレットストーブ

  • 玄関ホールの吹き抜け

  • 居間

  • 広々としたキッチン

概要
  • 概  要: 地上2階建て
    敷地面積: 172㎡
          (建蔽率50%、容積率80%)
    延床面積: 133㎡(40坪)
    設計期間: 6ヶ月
    工  期: 5ヶ月
    完  成: 2008年
  • 主な仕上げ
      屋根: 塗装ガルバリウム鋼板 横葺き
      外壁: 色モルタルコテ仕上げ
      内壁: プラスター薄塗
       床: 赤松、カラマツ、桧
           
           
この家づくりに関わったメンバー

設計・監理  : 中村展子(アトリエ海)
施  工   : 綜合建設(株)
構 造 材  : 木童(都城木材):宮崎おび杉
内 装 材  : 木童:岩手赤松、長野カラマツ、桧
コーディネート: NPO 木の家だいすきの会

最新情報を受け取る