建て込んだ住宅地の一角の2戸建てタウンハウスです。
日照条件の良い2階に生活の場を広く取るため、建物下を駐車スペースにするピロティガレージスタイルとしています。
南に迫る隣家の影を免れるよう、2階は天井を吹きぬけ状に高く取り、ハイサイドライトから陽を入れて、明るいリビングになりました。
階段を中心に、リビング→ダイニング→洗面所→寝室→リビングへぐるりと回れる回遊性プランは、家事や子育てがしやすい使い勝手抜群の間取りです。

  • 2階のリビングは柱・梁を室内に露した空間。埼玉県のときがわ産杉材。壁の板張りと床は信州カラマツ材。

  • 吹き抜けの高窓から陽が入り、南に迫る隣家の影響を感じないリビング。壁は漆喰塗りと和紙貼り。

  • 北側のキッチン・ダイニング方向を見る。左手はロフトに上がる階段。

  • キッチンはリビングに面し遊ぶ子どもに目が届きやすい。ダイニングとは横並びの位置関係で、配膳・後片付けが、対面キッチンより効率よく行えます。

  • 1階の部屋。将来子どもが大きくなった際に、2部屋に仕切って使用できるつくり。天窓で採光を得ています

  • 南のリビングとは対照的に天井高を抑えて、落ち着きのあるダイニング。ベンチを出窓に設け、窓には杉製ルーバーの目隠し戸。

  • 2階畳敷きの寝室。ロフトの床組がそのまま露れた天井。リビングからと、洗面所側の両方から出入りできます

  • 玄関。コンパクトながら効率よく収納を設け使いやすく。床・天井ともに板張りで、訪れた人を杉の香りが迎えます。

  • リビングインの階段。降り口に引き戸が設けてあり、子どもの転落防止と、冷房時の冷気下降防止の役割。

概要
  • 概  要: 地上2階建て
    敷地面積: 168㎡
          (建蔽率59%、容積率118%)
    延床面積: 161㎡(48坪)
    設計期間: 9.5ヶ月
    工  期:  7ヶ月
    完  成: 2015年
  • 主な仕上げ
      屋根: ガルバリウム鋼板縦はぜ葺き
      外壁: ジョリパットローラー仕上げ
      内壁: 漆喰塗り
       床: カラマツ縁甲板張り
           
           
この家づくりに関わったメンバー

設計・監理  : 新井聡・勝見紀子(㈱アトリエ・ヌック建築事務所)
施  工   : (有)笹森工務店
構 造 材  : 協同組合彩の森とき川:スギ
内 装 材  : (有)笹森工務店、グリーンスマイル
コーディネート: NPO 木の家だいすきの会

その他

長期優良住宅、床暖房

最新情報を受け取る