「新町の家」は障害者が、まちの中であたりまえに暮らす木造の「住まい」です。
茶畑に囲まれた住宅地で、地元・埼玉の木をふんだんに使い、大工さんを中心に職人さんたちが丁寧に作りました。
この家で過ごす人たちが、無垢の木に触れ、日当たりと風通しの良い部屋で、穏やかにゆっくりと暮らしてくれることを願っています。
※障害者を対象とした共同生活援助事業所で、補助金を活用。

  • 設計中のシュミレーションの様子

  • 上棟をみんなで見守りました

  • 完成見学会の様子

  • シンボルの柱が立つリビング

  • 腰板をはった車椅子用トイレ

概要
  • 概  要: 地上2階建て
    敷地面積: 165㎡
          (建蔽率60%、容積率100%)
    延床面積: 155㎡(47坪)
    設計期間: 12ヶ月
    工  期: 5.5ヶ月
    完  成: 2015年
  • 主な仕上げ
      屋根: ガルバリウム鋼板 横葺き
      外壁: サイディング張
      内壁: 珪藻土クロス貼り
       床: 杉板(厚30、厚15)
           
           
この家づくりに関わったメンバー

設計・監理  : 中村展子(アトリエ海)
施  工   : (株)比留間建工
構 造 材  : 金子製材、プレカット:サイモクホーム
内 装 材  : 金子製材
コーディネート: NPO 木の家だいすきの会

最新情報を受け取る