南西角地の日照・通風に恵まれた敷地に建つ住宅です。
緑の切妻屋根、漆喰の白壁、木のバルコニーや板壁の、特徴ある外観が目を惹きます。
家にいることが好きとおっしゃる建て主さんと、暮らしのイメージを共有し、話し合いと提案を重ねて形となったこだわりの住まいです。

  • 玄関とポーチ、駐車場と勝手口が一つの屋根下に合理的に収まる配置。

  • 居間。床暖房が施され、床材は栗板。中央の太い梁は下端に丸みを残した杉タイコ材。

  • 小上がりから水回り方向を見る。天井・壁共、コテ目を生かした漆喰仕上げ。

  • 畳の小上がりに設けたデスクコーナーは、居間との仕切りの役目も。

  • 吹き抜けから見下ろした居間と小上がり。一つながりの空間ながら、いくつもの「居場所」のある住まい。

  • 脱衣所からバルコニーへの通路は吹き抜けに面し、室内物干し場としての役割も。

  • 玄関。左手はデッキ。
    正面は土足のまま出入りできる収納室で、玄関では重宝。

  • 敷地の、大きく隅切りされた部分に変形のデッキを設け、板塀で囲いました。

  • ロフトのある子ども部屋
    将来は東西2室に仕切れるつくり。

  • 木のバルコニー
    屋根があると急な雨にも安心で、木材の傷みも防げます。

概要
  • 概  要: 地上2階建て
    敷地面積: 118㎡
          (建蔽率61%、容積率82%)
    延床面積: 114㎡(34坪)
    設計期間: 11ヶ月
    工  期: 6ヶ月
    完  成: 2012年
  • 主な仕上げ
      屋根: ガルバリウム鋼板立てハゼ葺き
      外壁: 漆喰塗り、一部杉板張り
      内壁: 漆喰塗り、和紙貼り
       床: 栗縁甲板張り
           
           
この家づくりに関わったメンバー

設計・監理  : 新井聡・勝見紀子(アトリエ・ヌック)
施  工   : (株)当麻工務店
構 造 材  : 協同組合フォレスト西川(スギ)
内 装 材  : (株)当麻工務店(栗板材)
コーディネート: NPO 木の家だいすきの会

その他

セルロースファイバー断熱、床暖房

最新情報を受け取る