NPO 木の家だいすきの会は自然素材の扱いに長けた設計者、工務店、大工さんの集まり。コーディネーターが自然素材の健康な家づくり&リフォームをサポートします。「あなただけの家づくり」を実現する専門家をご紹介します。
  • TOP »
  • »
  • »
  • 企業の社会貢献活動としての「森と都市の交流プロジェクト」開発

企業の社会貢献活動としての「森と都市の交流プロジェクト」開発

企業の社会貢献活動としての「森と都市の交流プロジェクト」開発

1.背景

宮崎県綾町には、世界遺産への登録を目指す国内で最大規模の照葉樹林帯が残され、原生的な照葉樹林の保護とあわせ、人工林や二次林から照葉樹林への復元が課題となっています。これを推進するため、平成17年5月、九州森林管理局、綾町、宮崎県、関連NPO(てるはの森の会)、(財)日本自然保護協会の5者が綾の照葉樹林プロジェクト(綾川流域照葉樹林保護・復元計画)に関する協定を結びました。

森林の保全のためには、森を支えるその地域に暮らす人々の生活の基礎的条件、とりわけ雇用の場がなければならなりません。森林地帯の地域振興を考えた場合、農林業等の地域資源を生かした複合的な産業の振興が必要とされています。そして、それは自然と共生することが大前提となります。

一方、企業や都市住民の森林保全に対する意識も徐々に高まりを見せており、自然と共生した地域振興の方向として、従来型の観光事業でない都市と森林地帯を結ぶ交流事業は期待されています。

2.ねらい

綾の照葉樹林を再生するための間伐や植林などの森林ボランティアと、地域資源を生かした生活体験型プログラムを組み合わせた交流事業を実験的に実施します。

それを評価することにより、今後CSR(企業の社会的責任)活動のひとつとして継続できるプログラムを開発します。

それらにより、
1.地元での受け入れ体制を担う関係団体及び行政機関
2.首都圏での企画調整・広報活動および実践を担うNPO、CSR関係者
3.多主体の連携による地域マネジメントのノウハウを蓄積する研究機関
からなる、継続的な事業のための推進組織の構築を目指します。

本企画は、NPOが仲立ちとなり、地元(宮崎)と首都圏における地元団体、行政機関、NPO、企業など、遠隔地間における多様な団体、市民の参加により、森林保全(地球環境保全)と地域振興に係る地元活動と企業の社会的責任を結びつける点が特徴です。

また、中山間地域のまちづくりやパートナーシップによる地域マネジメントについて実践的な研究の蓄積のある大学の協力を得て、地域マネジメントの新たな仕組みを構築しようという点に特徴があります。

本事業は、平成20年度「新たな公」によるコミュニティ創生支援モデル事業(国土交通省国土計画局)に採択され、平成20~21年度に実施されました。

企画提案書

宮崎日日新聞掲載記事(2008年11月25日)

報告書

PAGETOP