NPO 木の家だいすきの会は自然素材の扱いに長けた設計者、工務店、大工さんの集まり。コーディネーターが自然素材の健康な家づくり&リフォームをサポートします。「あなただけの家づくり」を実現する専門家をご紹介します。
  • TOP »
  • 健康な家づくり

健康な家づくり

人も、家も、健康な家づくりの7つのポイント(グリーンエア工法)

1.構造用合板を使用しないから、化学物質(合板の接着剤)を排除できる

奥武蔵の杉・無垢材を使用

構造用合板を使用せず、代わりに地域の山の無垢の杉板材を使用します。地域で安価に入手しやすい寸法の材を使用し、強度が出るように設計、高い特許料が必要ないオープンな工法により、低コスト で実現します。

化学物質(合板の接着剤)を排除

構造用合板を使用しないことで、シックハウス症候群やアトピー性皮膚炎などの原因になると言われている化学物質(合板の接着剤)を排除した家づくりを可能にします。 また、室内にはビニールクロスは使用しません。

2.構造用合板を使わず、高い耐震強度を実現

耐震等級2、耐震等級3もクリア

無垢の杉板を斜めに張ることによって、大きな地震に対し構造躯体と一体となって粘り、高い耐震強度を実現します。耐力試験の結果、床については構造用合板川の字打ちの1.8倍を、屋根については5寸勾配以下の1.0倍をを超える強度が証明されています。

間取りの自由度を高めながら、高い耐震性能を実現できます

直下率を高めれば耐震性は高まりますが、間取りの自由度が制約されます。グリーンエア工法は、床や屋根(=水平構面)の強度を高めることで、自由な間取りと高い耐震性能を両立させます。
※直下率:1 階と 2 階の柱や壁が同じ位置にある割合。

3.構造用合板を使わず、高い耐久性を実現

構造用合板の耐久性・耐力低下の懸念がなくなります

屋根は表面温度が 70°Cを超えます。そのような過酷な環境下で、構造用合板の接着剤の耐力低下が懸念されます。構造用合板を使用せず、無垢の杉板を斜めに張るグリーンエア 工法により、耐久性の高い、長持ちする家づくりを可能にします。

劣化対策等級3(最高等級)

数世代にわたり(75~90 年程度)住宅の構造躯体が使用できる劣化対策をします。床下及び小屋裏点検口、点検のための床下空間を確保します。

維持管理対策等級3(最高等級)

構造躯体と仕上げに影響を及ぼさずに配管の点検、清掃が行え、構造躯体に影響を及ぼさずに配管の補修が行われるものとします。

4.無垢材による快適さを活かした心地よい住まい

自然素材の吸放湿性による快適さを活かす

無垢の木の家の快適さの重要な要素の1つに、無垢材が夏は湿気を吸い、冬は湿気を放出するという吸放湿性があります。

調湿効果で健康な住まい

構造用合板を使用する場合は、「防湿気密シートの設置」が標準仕様とされ、壁や天井の中で柱や梁が呼吸する調湿性は損なわれてしまいます。グリーンエア工法では、防露設計をしっかりすることで「防湿気密シートの設置」が不要になるので、無垢材の調湿性は損なわれず、無垢の木の効果を最大限に活かすことができます。

5.結露を防ぎ、人も、家も健康に

防湿気密シートを使わず、内部結露を防止します

内部結露は、壁、床、屋根の内部で発生する結露で、水蒸気が壁体内に侵入し冷えて水になることで起きます。眼に触れないため、気が付いた時は手遅れです。グリーンエア工法では、水蒸気が入り込んでも放出されるようしっかり防露設計することで、木材の調湿性能を邪魔する防湿気密シートに頼らなくても内部結露を防止します。

結露のない快適で健康な住まい

結露はカビの繁殖やダニの発生を促し、骨組みの木材を腐らせる原因ともなります。カビは空気中に飛散し、喘息やアレルギーの原因となります。結露ない家づくりで、人も、家も健康に。

6.温度差のないカラダにやさしい住まい

ヒートショックを防ぐ温度差のない住まい

ヒートショックは、部屋間の激しい温度差により、血圧が急上昇して心筋梗塞や脳出血、脳梗塞などをひき起こすことです。住まいの温熱環境の設計をしっかり行うことで、部屋間の温度差を少なくし、健康リスクを減らすことができます。

高断熱化によって健康改善効果を高めます

(断熱等性能等級4・最高等級)健康への望ましくない状況の発生原因として、低温空気の吸い込み、皮膚・粘膜の乾燥による免疫力低下が近畿大学・岩前研究室の約2万人のアンケート調査から明らかになりました。住まいの低温をなくす=断熱性能の高い家が、健康の秘訣です。

7.産地と近い関係だからこそ、こだわりの木材が使えます

低温乾燥にこだわります

髪の毛を高温で乾かすと痛むように、生物資源である木材を高温で乾かすと耐久性が落ちるだけでなく、木材本来の香りや色がとんでしまいます。
低温乾燥木材は、時間がかかってもゆっくり乾かすことで、耐久性を損なわず木の香りや色を保ちます。また、気持ち良さの源泉である調湿性能を落としません。

木材の品質をチェックします

梁・桁のヤング率が低いと木材の強度が落ち、含水率が高いと梁・桁がたれてくるクリープ現象が大きくなります。木材の強度に関係する含水率とヤング率をきちんと計測して使います。

木を選ぶ楽しさを体験できます。

森に入って大黒柱になる立木を選んで伐採したり、テーブルやカウンターに使う木材を選んだりして、家族みんなのメモリーをつくることができます。

GA(グリーンエア)斜め張り工法とは

GA(グリーンエア)斜め張り工法は、2014 年から 3 年間職業能力開発 総合大学校、工学院大学の協力を得て、開発されました。GA(グリーンエア)斜め張り工法では、床や屋根下地などに構造用合 板を使用せずに無垢材を斜めに張って施工します。

床:斜め張り

構造用合板の 2.0 倍をしのぐ 2.7 倍または 2.5 倍の床倍率を実現
※構造用合板(厚さ12 mm以上、根太@340以下落とし込みN50@150以下) :床倍率2.0 倍

屋根:斜め張り

屋根については、構造用合板の0.7倍を上回る1.6 倍または1.5倍の屋根倍率を実現
※構造用合板(5寸勾配以下、厚さ9mm以上、垂木@500以下転ばし、N50@150以下) :屋根倍率0.7倍

壁:筋交い

耐力壁には構造用合板は使わず筋交いを使用し、耐震等級に応じた壁量を確保し、接合部には金物で補強します。

モデルプランをご用意しました

greenair

greenair

健康な木の家づくりをコーディネートします

NPO木の家だいすきの会では、コーディネーターが専門知識やネットワークを活かし、土地探し、土地相続から、設計者、工務店、木材のコーディネート、メンテナンスの相談など家づくりに関わるさまざまなご相談にお応えし、安心・納得して、あなたにあった木の家づくり&リフォームが進められるようサポートします。

相談は無料で受け付けていますので、ご希望の日時をお気軽にご予約ください。

東京事務所・住まいの相談室

TEL 03-6261-2970

電話受付時間 9:00~18:00(土・日・祝日除く)
〒160-0011 東京都千代田区四番町3-10 番町MKビル301 MAP
FAX 03-6261-2971

所沢事務所

TEL 04-2937-7344

〒359-0041 埼玉県所沢市中新井4-12-4






は必須入力です。

お名前
フリガナ
性別
年齢
メールアドレス
メールアドレス(確認)
住所 郵便番号

都道府県
市区町村・番地
建物・マンション名以降

電話番号
お問い合わせ内容

プライバシーポリシー
個人情報の保護方針

ご提供頂いたお客様固有の情報は、お客様との良好な関係に役立てる為( お問い合わせに対し回答を差し上げるため、その他の正当な目的のため) のみに使用し、この目的以外の用途には一切使用いたしません。
またご提示いただいたお客様固有の情報は適切に管理し、お客様の承諾が無い限り第三者に提示、開示することは一切ありません。

ただし、以下に該当する場合はこの限りではありません。
・お客様がプライバシー情報に関する情報の開示に予め同意している場合
・法律により情報の開示を請求された場合
・情報主体及び・または公衆の生命、健康、財産などの重大な利益を保護するために必要な場合

当社では、保有するお客様固有の情報に関して、適用される法令・規範を遵守するとともに、上記の項目における取り組みを適宜見直し、改訂しています。
当社で上記の方針を改訂する場合には、本ページにて通知させていただきます。

上記に関するお問合せは、当社までご連絡をお願いいたします。

健康な木の家づくりを支える仲間たち

工務店

㈲笹森工務店


笹森得夫

笹森建夫

㈱クオリス


鈴木貴司

鈴木幸雄

㈲井上建築工業


井上泰一

井上幼子

川原宏一

㈲当麻工務店


当麻浩成

㈱比留間建工


比留間邦洋

設計事務所

㈲アトリエ海


中村展子

塩脇裕

㈲コウ設計工房


大沢宏

小野育代建築設計事務所


小野育代

小野雅之

PAGETOP