だいすきだから、究める。

木の家コラム

木の家用語集:背割り(せわり)

投稿日:

背割り

読み方:せわり

背割りとは、芯を持っている木材(芯持ち材)の化粧面以外の一面に、直径の約1/2程度の深さの「割り」を入れることです。乾燥処理によって木材の表面が、縮小によって干割れが生じやすくなるため、乾燥工程の前段階に事前に背割りを入れることによって乾燥による縮小で起こる干割れを生じにくくします。
同時に芯まで効率的に乾燥を促進する効果もあります。

そのほかの建築に関する用語集はこちらから →

 


木の家だいすきの会では、木の家づくりに関する、さまざまな疑問や質問についてサポートします。
これから建てる木の家や、リノベーションやメンテナンスなど、木の家についてお困りのことがあればお気軽にご連絡ください。

無料で相談や質問をしてみる →

木の家コラム 一覧に戻る