だいすきだから、究める。

木の家コラム

木の家用語集:在来軸組工法・在来工法(ざいらいじくぐみこうほう・ざいらいこうほう)

投稿日:

在来軸組工法(在来工法)

読み方:ざいらいじくぐみこうほう(ざいらいこうほう)

在来軸組工法は、基本的には柱と横架材(梁・桁など)によって軸組を構成する工法です。

地震や風圧力等の水平力に抵抗するため、筋かいを入れた軸組や構造用合板等の面材を釘打ちして張った耐力壁を入れます。

この工法は、古くからある日本の構法を基礎にしているため在来工法と呼ばれています。

木材は、重量の割合に比べて強度が大きく、加工しやすいことが特徴としてあげられます。

そのほかの建築に関する用語集はこちらから →

 


木の家だいすきの会では、木の家づくりに関する、さまざまな疑問や質問についてサポートします。
これから建てる木の家や、リノベーションやメンテナンスなど、木の家についてお困りのことがあればお気軽にご連絡ください。

無料で相談や質問をしてみる →

木の家コラム 一覧に戻る