南側にリビング・ダイニングを配置したプランを提案しましたが、生活習慣や希望から南側に玄関と和室を希望され、設計が進みました。
暗いリビングはつくりたくないので、2階にリビングのあるプランも考えましたが、将来的に辛くなるであろうことで見送りました。
ご希望から、必然的にリビング・ダイニングが、1階奥へ配置されることとなったので、トップライトを設けて明るさを確保し、キッチンは使用しないときには扉で隠せるようにしました。

2階にはあとから分割可能な子供室と、夫婦それぞれの個室を配し、シンプルな木と漆喰の家になりました。

  • 刺繍教室にも利用する、玄関ホール横の和室

  • トップライトから明かりを取り込むリビング

  • キッチンは引き戸をひいて隠すことができる

  • 仕切りながらも和室からの光を取り込む

  • 個室

  • スペースのある明るい2階ホール

  • 南側外観(南北に長い敷地の南側)

  • リビングに立つ磨き丸太の階段
    2階の地窓から明かりが取り込まれた階段ホール

概要
  • 概  要: 地上2階建て
    敷地面積: -㎡
          (建蔽率-%、容積率-%)
    延床面積: 110㎡(33坪)
    設計期間: 5ヶ月
    工  期: 5ヶ月
    完  成: 2007年
  • 主な仕上げ
      屋根: 
      外壁: 
      内壁: 
       床: 
           
           
この家づくりに関わったメンバー

設計・監理  : 大沢宏(コウ設計工房)
施  工   : ㈱比留間建工
構 造 材  : 細田義明(グリーンスマイル):西川材スギ
内 装 材  : 細田義明(グリーンスマイル)
コーディネート: NPO 木の家だいすきの会

施工プロセス

木の家は寒い・・という先入観があったようですが、木は落ち着いた空間が良いということで、木の家にしようか、やはり寒くない家にしようかと迷われていました。
しかし、木の家が寒いのではなく、昔の家が木の家で、その頃の家は断熱という概念が薄かったから寒いのです・・ということを理解して頂いたら、それなら木の家がいいですね・・と、木の家に暮らすことになりました。

  • 企画提案サービスによるプレゼンテーション図面

  • 打合せ中に使ったスケッチ

  • 打合せには模型も使ってわかりかすく


最新情報を受け取る