だいすきだから、究める。

木の家コラム

【現場監督コラム】断熱リフォームの現場監督の考え

築32年経った鳩山町のM様邸リフォーム工事で、今年1月の下旬からお世話になりました。在来浴室をUBに交換し、隣の洗面脱衣室も断熱材の改修を行う為に床全てと外壁に面する内壁を解体して工事を行う内容でした。
私も木造建築の仕事を始めてかれこれ28年経ちますが、ほとんどの現場で経験値だけで済んだ事がありません。
やっぱり有りました。お風呂の窓です。既存の浴室サッシが入隅に付いてます。外壁を壊さずに施工する事で打合せをしていたので、このままではユニットバスが納まらない。
いろいろと調べてみたところ良い商品が有りました。某メーカー商品のリプラスサッシを連窓(つなげて)して、ユニットバスの壁裏側になる部分はFIX窓に断熱パネルをはめ込み、浴室内部には縦スベリ窓のみが見えてくる納まりで無事に工事が出来ました。

人・自然・未来へ やさしい木の家造り    木のぬくもりお届けします

はじめまして、(有)笹森工務店 代表取締役 笹森得夫と申します。
初めての掲載となりますので、仕事に対してのコンセプトをお伝えしたいと思います。
埼玉県富士見市に事務所を構え、地域に密着できる家造りを目標としてやっております。
これからは、新しいことにもチャレンジしながら、多くのことを学び、日々成長していけたらと思っています。